セーターのコーヒーをこぼした!染み抜きしなきゃ!簡単にできる方法は?

セーターのコーヒーをこぼした!染み抜きしなきゃ!簡単にできる方法は?

冬になると出番が回ってくるセーターですが、とっても暖かい洋服の1つですよね。

おしゃれにもなって暖かいセーター。

でも難点が1つあるんですよ・・・。

セーターにコーヒーなどの色が付いている飲み物が付いてしまった時にしみになる事が!

今回は、セーターにコーヒーが付いたときの染み抜きについて解説していきたいと思います。

特に応急処置が必要な場合もありますので、是非ご参考にされてください。

セーターについたコーヒーの染み抜きは簡単?

セーターについたコーヒーの染み抜きは簡単?

セーターにコーヒーが付いたときの染み抜きで大事な部分が2つだけあります。

「水洗いできるかできないか」をきちんと確認しましょう。

洗剤を使用する場合は色落ちしないかをきちんと事前に確認する事も重要です。

水洗いできないセーターの場合とできるセーターは染み抜きの方法が異なります。

まず最初に応急処置をする必要があります。

最初に用意するのは「中性洗剤」「タオル」の2つです。

出先などでタオルや洗剤がない場合は「乾いた布系」で先に応急処置をしておきましょう。

セーターの染み抜きの応急処置手順

➀乾いたタオル同士にセーターを挟みます。

➁タオルでセーターについたしみの部分を軽く叩きます。
(ここはコーヒーの水分をタオルに移す作業です。)

➂セーターのコーヒー染みが付いている部分に「中性洗剤」をかけてこすり合わせて洗います。

※食器用洗剤がほとんど中性洗剤になります。

⓸最後に水で流してあげる事でコーヒーの染み抜きが完了です。

⓹上記の工程を何回か繰り返していくとコーヒーの染み抜きができます。

家庭にいるのであれば、簡単にセーターについたシミ抜きをする事ができますね。

数日たった後のセーターについたコーヒーの染み抜き!

数日たった後のセーターについたコーヒーの染み抜き!

コーヒーを飲んでいるその時は気づかなかった!という事もあるでしょう。

実はセーターにコーヒーが付いていた!という事もありますよね。

その場合には、漂白する事でセーターのシミ抜きをする事ができます。

漂白剤には「塩素系」「と「酸素系」の2つがあります。

基本「塩素系>酸素系」の方が漂白力は強いですが、セーターの染み抜きに使うのは

「酸素系」です。

間違って「塩素系」を使ってしまうとほとんどの場合は色落ちをしてしまいます。

漂白剤を使ってセーターの染み抜きを行う手順

➀酸素系漂白剤を薄めて洗浄液を作る(2リットルで15グラム)あまり薄くないと適当でもOK!

➁タオルに洗浄液を付けてシミができている部分を叩く。

➂水ですすぎ洗い

⓸落ちていなければもう一回繰り返す。

セーターについたコーヒー以外の染み抜きはどうする?

セーターについたコーヒー以外の染み抜きはどうする?

コーヒーは水に溶ける「水溶性」となります。

なので乾いたタオルで染み抜きをしています。

しかし油ものやご飯の食べこぼしはどうでしょう?

油ものでできた染みの場合は、同じように乾いたタオルでまずは染み抜きをします。

その後洗濯機などできれいに洗うと、染みがきれいに取れます。

基本水溶性の汚れのシミでない場合には、漂白剤を使うケースも増えると思います。

必ず事前に色落ちしないか確認してから漂白剤を使うようにしましょう。

セーターについたコーヒーの染み抜き【まとめ】

ここまでセーターについたコーヒーの染み抜きについて解説してきました。

できるだけこぼさないように気を付けたいものですが、どうしてもこぼしてしまう事も・・・。

そんな時は「応急処置」が重要です。

それでは手順をまとめてみましょう。

まとめ
  • まずはシミを叩いて余計な水分を取り除く
  • 中性洗剤をかけてもみ洗いする
  • 洗濯機で丸洗いする
  • 染み抜きができない場合は漂白洗剤を利用する

わかってみると意外と簡単だと思われたと思います。

是非コーヒーがセーターについたときには試していただきたい染み抜き方法です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー