セーターの適切な洗濯の頻度はどれくらい?洗いすぎに注意したいワケ

冬のファッションの定番といえばセーターですよね。

暖かくて、着やすいのが魅力ですが、着たあとの洗濯のことを考えると少し憂鬱になりませんか?

セーターって毎回洗ったほうがいいのかな?

セーターを頻繁に洗うと型崩れするかな?

と迷う人も多いのではないかと思います。

今回はセーターを洗濯する適切な頻度や干し方、オススメの洗剤など紹介します。




セーターの適切な洗濯の頻度は?

セーターは、実はこまめな洗濯は必要ありません。

着る頻度や着方にもよりますが、1シーズンに1回洗濯すれば十分とされています。

セーターは素材的にそもそも汚れにくい服なので、個人差はありますが神経質になる必要はありません。

むしろ、ウールなどのデリケートな繊維を編み込んでつくられているので、頻繁に洗濯するほうがかえって負担になって傷みの原因になります。

頻繁に洗濯する必要はないとはいえ、汚れが気になってきたらきれいにする必要がありますよね。

次のような汚れが目についたときは、洗濯を検討してください。

袖や襟が黒ずんでいる時

肌に直接ふれる袖口や襟元は比較的汚れやすい部分です。

この部分が黒ずんできているなど、汚れが見えてきたら洗濯の目安といえます。 

薄い色のセーターならわかりやすいので脱いだときに確認するのが良いでしょう。

臭いが気になる時

寒い時期とはいえ、冬でも多少なりとも汗をかきます。

少しずつたまった汗が臭いの原因になります。

そのまま着続けると黄ばみの原因になることもあるので、臭いが気になるときは一度洗濯して洗い流しましょう。

セーターを洗濯しすぎると縮む?

セーターを洗濯しすぎると縮む?

セーターは糸で形成されたループが連結してできています。

縦糸と横糸が交差した織物とは違って変形しやすく、洗濯時に水につけて布地を動かすとループが変形します。

セーターを洗濯しすぎた結果として型くずれが起こります。

さらに綿ニットやウールニットの場合、繊維の特性が重なって縮みはさらに大きくなります。

洗濯を頻繁にすると、型崩れが頻繁ということになり縮みやすくなるというわけですね。

皆さんご存知だとは思いますが、洗濯マークについて説明しておきます。

洗濯マーク

①は水洗いが出来ます。

②は手洗いOKで洗濯機はNGという意味 です。

①②のマークあれば、自宅で洗えます。

さらに③は、たらいの下にある横棒は洗い方の強さを表していて、1~3本まであり、本数が少ないほど弱く洗う事が勧められています。

④は、△は以前なら「エンソ・サラシ」と日本語で書かれていた塩素系洗剤についてです。

×がなければ使っても大丈夫ですよ。

「30」は水温を表す数字でこの温度を上限とした水を使うのがよいという意味です。

⑤は、水洗い不可のマークです。

正確には『洗濯処理不可』マークですので、これがあればクリーニング店へ持ち込むのがオススメです。

セーターを洗濯した後の干し方は?

セーターの干し方にはいくつか方法があります。

型崩れしないような干し方をするのがポイントです。

平干し

一番伸びず、型崩れなく干せる一般的な方法です。

平干し専用のグッズもありますよ。

竿に干す

セーターの平干しができない場合には竿に二つ折りの状態にして、袖をたらさないように干します。

袖を垂らすことで水分の重みが下へ垂れて、よれが発生してしまい伸びてしまう原因になります。

上下の二つ折りではなく、左右の二つ折りのほうが水分がとぶので効果的です。

ピンチハンガーを使って干す

セーターを平干ししたいが、そのようなアイテムが無い場合は、ピンチハンガーを使った干し方があります。

セーターが伸びないようにピンチハンガーの上に平干しすれば、型崩れを防げるんです。

ただ、この方法はピンチハンガーがある程度大きくないとオススメ出来ません。

わたしは小さめのピンチハンガーで、水分の重みでセーターが伸びてしまったことがあるため、ピンチハンガーがセーターを平干しできる大きさであることが条件ですね。

ハンガーを使って干す

セーターを干す時に、平干しペースがない場合や丁度良いアイテムがない場合は、ハンガーで干すのもオススメです。

セーターは脇の下が乾きにくいので、ハンガーを2本使って袖を持ち上げるように干します。

もちろんセーターの袖が、伸びない事にもつながります。

ハンガーを何本か使って、平干しに近い状態にするのも良いでしょう。

洗濯カゴを使って干す

洗濯カゴなど大きめなカゴの上に平干しする方法もオススメです。

その際にセーターやニットの袖は、伸びる原因になるので垂らさないで、胸でクロスさせるようにしましょう。

専用グッズを使う

もちろん専用のグッズを使うのもオススメです。

セーターを干す専用のものを使ったほうが、伸びにくいのは言うまでもありませんね。

物干し竿にかけるタイプや床に置くタイプなどいろいろありますよ。

セーターの洗濯にオススメの洗剤は?

セーターの洗濯にオススメの洗剤は?

洗剤は香りの好みもあるので一概には良いとも言えませんが、セーターに使う洗剤のポイントを紹介しますね。

おしゃれ着洗剤を選ぶ

まずセーターにはおしゃれ着洗剤を使うことをオススメします。

おしゃれ着洗剤とは、ニットやレースなどデリケートな衣類素材を洗濯するために作られた洗剤のことをいいます。 

粉や液体の洗濯洗剤よりも汚れを落とす洗浄力は弱まりますが、その分、繊維に優しく傷みにくいという特徴があります。

ウールやシルク、カシミアなどの繊細な衣類もおしゃれ着洗剤で洗えば、繊維を傷めることなくふんわり感をキープすることが可能です。

毛玉ができたり、毛羽立つのを防ぐこともできます。

洗濯したいものの素材に対応した洗剤を選ぶ

洗剤を選ぶにあたって、おしゃれ着洗剤にもいろいろな種類がありますが、おしゃれ着洗剤ならどれでも良いと言うわけではありません。

洗濯表示を確認して、手持ちのセーターに使えるかどうか見てくださいね。

洗濯表示マークは2016年12月より日本独自のものから、国際規格に合わせた新マークへと変更されました。

以前のマークより細かく分けられているため、見分け方が分からないという方は、使用するおしゃれ着用洗剤のサイトを確認するとわかりやすいと思います。

界面活性剤が少ないほど良い

セーターを優しく洗い上げたい場合は、できるだけ界面活性剤が少ない洗剤を選びましょう。

おしゃれ着洗剤は衣類にダメージの少ない中性洗剤がほとんどですが、界面活性剤を多く含んでいれば、素材に負担を掛けてしまいます。

界面活性剤は水になじみやすくしたり、洗剤の泡立ちを良くして汚れを落としやすくしてくれますが、その分衣類に与える刺激が強くなるため、配合量をしっかり確認したほうが良いです。

ウールなら認証マークがついている洗剤を選ぶ

ウールの認証マークは、ウール衣類の洗濯に適する洗剤としてザ・ウール マーク・カンパニーが認証しているというものです。

ウールを洗濯する際に縮みや型崩れが気になる方は、ウール専用洗剤と書かれているものや、認証マークが付いているものを選ぶと良いですよ。

注意しなくてはならないのが、「水洗い不可」のマークがついたウール衣類は、自宅で洗濯すると縮んでしまう可能性があります。

そもそも自宅で洗って良いものかの表示チェックもしてくださいね。

ウール専用の洗剤を使用することで洗濯後の縮みを防げるため、セーターをきれいなまま長く使うことができます。

またウールは長時間水に触れることによりフェルト化が進んでしまう性質があるんです。

ネットを使って短時間で仕上げるなど、洗い方にも気をつけましょう。

柔軟剤入り洗剤でもいい

洗濯後の手触りや肌触りをアップさせたい方は、柔軟剤入りを選びましょう。

柔軟剤は香りをつけて手触りを良くするためのものと思う人が多いのではないでしょうか?

柔軟剤には型崩れや静電気を防ぐ効果も期待できます。

また、柔軟剤をプラスすることで洗濯中の摩擦を軽減したり、着用時の擦れによる傷みを防ぐ効果もあります。

ほとんどのおしゃれ着用洗剤は柔軟剤を併用することができますが、柔軟剤入りなら追加する手間が省けて便利です。

セーターには柔軟剤入り洗剤が特にオススメです。

いろいろな洗剤がありますが、わたしはずっとボールドおしゃれ着洗剤を使っています。

ベリーとフラワーの香りもお気に入りです。

ウール認証マークもありますし、型崩れ防止や柔軟剤も入っています。

香りや好みもあるので、全ての方に合うとも言えませんが、ドラッグストア等でも販売されていて手に入れやすいです。




セーターの洗濯の適切な頻度【まとめ】

ここまでセーターの洗濯の適切な頻度について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

セーターも着ていると気持ちいいもので安くはありません。

無駄な買い物にはしたくありませんよね。

適切なセーターの洗濯の頻度を覚えて長く愛用していきましょう。

それではセーターの洗濯の頻度についてまとめてみましょう。

セーターを洗濯する適切な頻度【まとめ】
  • セーターの適切な選択の頻度は1シーズンに1回
  • 袖や襟が黒ずんでいる時は洗濯の頻度を上げる
  • セーターの臭いが気になる時もセーターの洗濯の頻度を上げる
  • 洗濯マークをよく確認して洗濯するようにする

2020年現在では、おしゃれ着も自宅で洗濯できるようになり、お手入れしやすくなりましたよね。

お気に入りのセーターをきれいに保つために、お手入れの参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー