プラスチックの黄ばみにはオキシクリーン?他の洗剤の落とし方も解説!

プラスチックの黄ばみはオキシクリーンで戻る?他に効果的な洗剤は?

プラスチックの黄ばみは気になりますし多く方が悩んでいるのではないでしょうか?

「プラスチックの黄ばみは長い間使っているから黄ばみはしょうがない」と諦めかけている方もいると思います。

黄ばみにも幾つかありタバコのニコチンや食べ物によるもの、化学変化、経年劣化などがあります。

化学変化は、暗い所に長期保管することでプラスチックに含まれる酸化防止剤による化学変化が原因で黄ばみます。

これを暗所異変と呼ばれています。

経年劣化は、プラスチック製品にはABS樹脂という素材が使われてるものが多くBのブタジエン(ゴムの特性、耐衝撃性)という物質そのものが劣化で変色します。

これらの黄ばみは洗剤で落とせるのか?

黄ばみを戻せるとしたら、どの様な洗剤で元に戻せるのか紹介させて頂きますので是非参考にしてくださいね。




プラスチックの黄ばみを取る方法6選!

プラスチックの黄ばみにはオキシクリーンの他に、効果的な洗剤が多くあります。

その中でも、オキシクリーンと変わらない効果を持つ洗剤もありますので一緒に紹介していきたいと思います。

プラスチックの黄ばみを取る洗剤➀オキシクリーン

プラスチックの黄ばみにオキシクリーンを使ってみる

オキシクリーンとは酸素系漂白剤で酸素の力で黄ばみを漂白してくれる、人気のある洗剤です。

オキシクリーンの使い方ですが、プラスチックの黄ばみを取る時40℃~60℃のお湯の中にオキシクリーンを入れて棒などで混ぜます。

オキシクリーンの量はその時によって変化し、後に黄ばみを落としたい物を入れます。

軽い汚れは数時間で落ちますが、化学変化や、経年劣化など長年にわたりついた黄ばみは数日かけて黄ばみを取っていきます。

数日かかることもありますが、浸けおきで手を加えず放置できるので楽です。

オキシクリーンにつけ込んだ際に日光の紫外線に当てる事により白く戻るスピードが変わってきます。

プラスチックの黄ばみをオキシクリーンで取る場合は晴れた日など紫外線が強い時が有効的ですね。

オキシクリーンの入った容器を密閉した状態で長期間放置すると容器が変形する可能性があるので注意をしてください。




プラスチックの黄ばみを取る洗剤➁ワイドハイター

ワイドハイターでも黄ばみは白く元に戻ります。

酸素系漂白剤を溶かした水の中に黄ばんでいる物を入れて黄ばみの具合によって数時間~数日間日の当たる場所に置きます。

オキシクリーン同様、紫外線がとても重要で日に当てるのと当てないのでは結果に差がでます。

液体の量は黄ばんでいる物が浸るくらいで大丈夫です。

花王のワイドハイターでなくても洗剤の成分の中に「界面活性剤」「活性化水素」の2つが入っていれば、他メーカーの商品でも問題ありません。

ワイドハイターに付けた後、紫外線に当てながら「丸2日」程度放置していると、プラスチックの黄ばみがなくなります。

逆にワイドハイターにつけすぎた場合はどうでしょう。

ただただ白くなるばかりで、変色等する事はありません。




プラスチックの黄ばみを取る方法➂重曹

プラスチックの黄ばみは重曹でも戻る?

重曹は環境に優しく水に溶かして使ったり、ペースト状にして使ったりと用途によって使い分ける事ができます。

弱アルカリ性でph8.2と低めでタバコのニコチンや食べ物などで汚れた軽い黄ばみは重曹で元に戻りますが比較的、軽い黄ばみに力を発揮してくれます。

プラスチックの黄ばみがひどい時には、重曹は不向きと言えますね。

強い黄ばみには漂白剤が入ってるオキシクリーンの方が効果を発揮してくれます。

他には軽い油汚れには効果はありますが、重曹は弱アルカリ性なのでしつこく頑固な油汚れなどには、それほど期待は出来ません。

皮や銅、アルミなどはアルカリに反応するので注意が必要です。




プラスチックの黄ばみを取る方法⓸オキシドール

けがした時の消毒に使われるオキシドールもプラスチックの黄ばみを取る洗剤として使えます。

プラスチックの黄ばみ落としとして広く知られているオキシドールですが、使い方が簡単です。

キッチンタオルなどにオキシドールを含ませて、貼っておくだけです。

数時間から1日程度経った後に剥がす事で、プラスチックの黄ばみが取れています。

あまりに長い期間で付いた黄ばみには効果が薄い場合もありますので、その場合は漬けておきましょう。

プラスチックの黄ばみを取る方法⓹除光液

化粧などに使う除光液もプラスチックの黄ばみ落としとして使う事ができます。

除光液に中にはシンナーが使われており、プラスチックの黄ばみを取ってくれます。

ただ注意点として、除光液などにつけおきした場合には時間が長すぎるとプラスチックが溶ける事があるため注意が必要です。

プラスチックの黄ばみにエタノールは効果があるのか?

プラスチックの黄ばみにエタノールが効果があるという話を聞きます。

しかし、アルコール系のエタノールに関してはプラスチックの黄ばみは取る事ができません。

エタノールではプラスチックの黄ばみを分解する事ができず、水拭きをしているのとあまり変わりがありません。




プラスチックの黄ばみオキシクリーン【まとめ】

以上プラスチックの黄ばみにオキシクリーンによって白く戻るかを紹介させて頂きました。

オキシクリーンは熱すぎたり冷たすぎたりすると十分に能力を発揮出来ませんので、液体の温度は40℃~60℃の間で黄ばみを取ってください。

それにオキシクリーンは界面活性剤が入っているアメリカ版と、界面活性剤入ってない日本版の2種類があります。

他にも頑固な油汚れや焦げ、洗濯洗剤としても能力を発揮してくれて家庭の殆どの掃除をオキシクリーン1つでする事が可能なくらい万能な洗剤です。

苦手な場所もありますが、注意するだけで、とても良い効果を発揮してくれる事が分かりましたね。

掃除をするときはオキシクリーンを使って効果を実感してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA